2024年、新年のご挨拶と抱負

本年も変わらぬご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 元旦に発生しました能登半島を震源とする大きな震災により、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復旧・復興を願っております。

 波乱の幕開けとなりました2024年の抱負を一つ

 2023年の年末に「日銀が発表する業況判断指数(景況感を示す指数)が3期連続プラス」と発表されましたが、実際に私が製造業(中小企業)の仲間や各業者さん、銀行の担当営業さんに話を聞いた所、ほとんど(7~8割)は「ここ数カ月受注が急に落ち込んで減収している」との回答で、御多分に漏れづ当社も同じ状況でした。
はたして、この国が発表する景況感と実企業が感じている景況感の「差異」は何なのでしょうか?
私は経済の専門家ではないので詳しいことは分からいないのですが、もしかしたらアンケートに回答したのは実務にノータッチの経営者の方で、各原材料費(製造原価)の値上げに伴う自社製品の値上げにより数字上は売上増になっているので「景気が良い」と判断しているのではないでしょうか?
しかし、私が話を聞いたのは実務に携わる小規模企業の経営者さんや、多くの客先の状況をいち早く察知出来る営業職の方々の声です。
という事は、昨年末(9~12月頃)からの生産活動の低下はこれから必ず数字に現れて来るので、その影響は少し遅れて表面化してくるのかもしれません。
そうなると2014年は益々と企業として生き残りをかけた戦いが激しくなると予想されます。
当社は今まで培って来た技術を活かして、世のニーズを捉えながら邁進したいと思います。

2024年01月10日