ブログ

代表 草刈のブログです。

ブログ一覧

東京オリンピックまであと1年ちょっとなのですが・・・

新元号が令和になって一ヶ月が経ちました。何が変わったという訳でもないのですが、何となく「心機一転」的な感じがしますね。

まあ、当社については特段変わった事が無かったので、すっかり本ブログをサボっておりました。

ところで、オリンピック特需の話が一向に聞こえないまま開催まで一年強ですよ。このままヌルっと開催されて何となく終わってしまうのでしょうかね?
莫大な我々国民の血税を使って?

ここ数回のオリンピック開催国の経済効果があまり無いので、誘致を辞退する国が出て来たと聞きます。

基本は「スポーツの祭典」ですよね?
スポーツ選手が日ごろの鍛錬の成果を競い合い、それをたくさんの人と達が応援し、平和を願い、感動を得て個々の生きる活力を得る。
なのになぜ、今ある(使用出来る)競技場を使わず、わざわざ新しい施設を建設したり、一時的な(海外からの)来客の為にインフラの整備に多額の税金を使うのか?

しかも、昨今の人手不足や資材高騰(建設ボルトが不足で価格高騰)も相まって、人材確保や資材確保に投資できる企業しか特需にありつけ無い。
結果、前述した必要経費の肥大により、下請け企業が経費削減の煽りを請ける。下請け企業は利益が上がらず、当然従業員にも還元されず・・・。内需は着々と疲弊している様にしか見えないのですが。

「国自体がスポンサー(本当は税金なので国民一人一人がスポンサーなのですが)となり、スポーツ大会を自国で開催する事で、世界にその国力の宣伝をする為に体裁を整える。」ということはわかりますが、経済効果の増大の為の予算(費用)の使いどころが、何となくおかしい様な気がしますが、如何でしょうか?

なにはともあれ開催は決まっているので、何とか経済効果の向上に繋げたいですね。

どうすればいいのかな~?

「お・も・て・な・し」が今回の我国のアピールポイントで、その「無償のサービス感」による外国人向けの観光ビジネスを主にしているならば、いささか心もとない策だと思ってしまいます。
だって、今現在でも日本の観光サービスは世界の中でもトップクラスだと思うし、自国民である私なんかも国内の旅行に関して何の不満もないレベルです。これ以上のサービスは「過剰なのでは?」と思う程です。
果たして、今回訪れる外国人の方々が「いや~日本のサービス(おもてなし)は良かったよ~。また大枚をはたいてあのサービスを受けに訪れたいよ」と思う人がどれだけいるのか?

もっと、日本の「売り」をアピールするものは何か?

私は、「ものを作る」事を生業としておりますので、そちらの方面に偏った考え方になってしまうのかもしれませんが、やっぱり「メイド・イン・ジャパン」をアピールしてほしいですね。
日本人の気質から「お・も・て・な・し」精神が、「もの作り」にも反映されていると思います。
長い間コツコツと腕や技・経験を積んだ「職人(技術者)」は、質の良い製品を作る為に、仕事において時間と労力を惜しまない「無償のサービス」を無意識に提供している気がします。
勿論、外国の方にもそう言う思考をもって「もの作り」に取り組んでいる人もいるでしょう。
でもそれは、各企業(メーカー)の技術力にとどまっていて、日本製品全般が世界に高い評価を得ていると言う事は、この国独自の国民性だからこそなせる事なのだと思います。
でも残念ながら、その妥協を許さない「もの作り精神」を持った「職人(技術者)」は、大きな利益得ようとする思考が低い傾向があって、「ものを売る」事が上手く有りません。
そこで、「ものを売る」事が得意な人は、自分には上手く作る事が出来なくても、一度自分が売ろうとしている「もの作り」を実際に(一人前になる位まで)経験し、それを踏まえて他社や外国との製品を比較をして自社の技術力の優位性を見出し、「それに見合う対価を得る」ビジネスをしてほしいですね。

ま、少し話がズレましたが。

上記を踏まえて、今回のオリンピック開催では、
丁寧な「もの作り」でしか成しえない高品質な商品の提供・紹介。
日本独自の建築技法を用いた「低コストで強固・高寿命な」建物(施設)の建設。
四季(オリンピック開催は夏ですが)がある国ならではの、日本独自の内装(住環境)設備の快適性の向上技術。
とにかく日本人の作り出す物に対してのアピールも是非お願いしたいものです。

沢山の費用を掛ければ良い物が出来るのは当たり前、でもその経済効果(利益)に見合わない費用を掛けたら意味がないですよね。

是非、「今までの国々より低予算(費用)で、これ程快適で素晴らしい環境が出来る技術力は凄い!」「この国の作り出す製品なら安心だ」と言われたいですね。

2019年06月08日

サッカーワールドカップ 2018 ロシア

サッカーワールドカップ 2018年 ロシア大会。
日本チーム頑張っていますね~。(2018年6月25日時点で一勝一分け)
有識者の予想では「予選通過は厳しい」という意見が多かったようですが、あと一戦、勝ちか引き分けで決勝トーナメント進出ですね。
私はサッカー少年でもなければ、サッカーファン(サポーター)でも無いので、なぜ強くなったのか?技術面などは良く分からないのですが、昨今の選手の体格は明らかに変わって来てますよね。諸外国の選手に引けを取らない体格だし、当たり負けしていないし、攻撃力が上がっている気がします。食生活の変化なのでしょうかね。

そんな私ですが、今回の大会から前よりサッカー観戦がちょっと好きになった点があるんです。
それは今大会から導入されたVAR(Video Assistant Referee)システム。(怪しいプレイをビデオで見直して判定しちゃうぞシステム)
あれはいいですね。
私があまりサッカー観戦が好きでは無かった理由は、「ペナルティー獲得の為の接触アピールプレイ」が嫌いだったからです。
昔のビデオなんか観てると(最近も有りますが)、接触が無いのに選手が自ら転倒し、必死に反則行為をアピールする姿に「スポーツマン精神」を感じられなかったからです。
でも今回のVAR導入で、そういった(観てると恥ずかしい)行為の抑制になっている様で、このスポーツの純粋なフェアプレイを観れている様に思います。
ま~とにかく、どのスポーツでも自国の選手が、世界各国のチームと戦い善戦している姿には感動しますし、応援したくなりますよね。
頑張れニッポン!!

2018年06月27日

新年度の始まり始まり~!

すっかりブログ更新をサボっておりました。
あっと言う間に、4月ですね~。
新年度の始まりという事で、我社にとってこの4月・5月・6月が今年の動向を占う期間となります。
各大手企業さんの予算組の影響で、どうしても4月・5月・6月の受注が落ちるのです。
裏を返せば、その時期に受注が伸びると、その後の1年(翌年3月末まで)は好調となる可能性が大きい、という事でも有るのです。
我社は、研究開発品・試作品や量産品製造機械の部品・冶具等の加工が多いので、その様な加工品の受注が増える=国内製造・生産量の増加となり、景気良くなって行くと考えられます。
年頭のご挨拶ブログにも書きましたが、お付き合いのある会社さんの多くは「今年は忙しいね~、他も結構動いてるみたいよ~」との声を3月に入っても聞きます。

我社も有難い事に今の所順調です。

4月大企業や公務員の「入社式」がテレビで取り上げられておりました。
今年東京都の新入職員の人数は「2,300人(警察・消防・教師を除く)」らしいです。
ちょっと多くないっすかね?
これでも去年より500人少ないとか…。
人材不足に悩まされる中小企業からすると羨ましい限りですな~。
都職員の仕事がどれほど重要で、どれ程の能力が必要なのかはわからないので勘違いなのかも知れないのですが、大変失礼ながらお役所にいる方々のお仕事を拝見する限り、近年のコンピューターの普及により、データベース化された書類を処理するのにそんなに人は要らない気がするのですが…。
いずれにしましても、少子高齢化にともない学生も減少する中、これからの日本を背負って行く前途ある貴重な若者が、その可能性を引き出せる仕事が出来る事を願わづにはいられません。

「やりがいのある仕事がしたい!」という方、連絡お待ちしていますよ。

2018年04月02日

2018年新年のご挨拶

新年あけましておめでとう御座います。
皆様の益々のご繁栄とご活躍を心より願っております。

弊社2018年1月5日より営業いたしました。

さて、新年スタートいたしましたが、皆様お仕事の状況は如何でしょうか?
弊社は、お陰様で何とか黒字決算(10月決算)を迎える事が出来ました。
11月・12月・1月も順調に受注をさせて頂き、誠に有難い状況です。
新年のご挨拶に来社頂いた取引先の方々も「今年は忙しくなりそう」と嬉しい言葉が多く聞かれました。
弊社も設立11期目に突入し、更なる品質の高い製品の安定供給を目標に、人材増強や設備強化を考えております。
引き続きのご愛顧、何卒お願い申し上げます。

2018年01月09日

目指すは「3K」会社!

私の目標は、「3K」の会社にする事です。

勿論、今まで製造業が言われ続けている「キツイ・キタナイ(汚い)・キュウリョウ(給料)安い」の3Kでは有りませんよ。

目指すは、「キタイ(期待)が持てて・キボウ(希望)に満ちた・コウシュウニュウ(高収入)」の会社です。
(「期待」と「希望」は同じ様な意味ですが、私の解釈は「期待=社員が会社に対して欲する願い」「希望=社員が見る会社の将来性」です。)

巷では、「働き方改革」などと銘打って「残業を無くし、休みを増やして・・・」などと推進しておりますが、労働時間減らして利益が上げられることが出来るならとっくの昔にやってますよね。(世の経営者の皆様)どうでしょう?

「え~、我が社は~、大幅に残業を減らし~、社員の休暇を増やして社員の意識を変える事で~、利益が上がりました~。ウィンウィンですね~。」なんて言える会社は、もともと高い利益率の製品やサービスの提供をしていて経営も安定していただけで、残業代を削減した分の経費が押えられた結果、利益が出ただけの話の様な気がします。

ま~、そういった余裕のある会社は羨ましいとは思いますが・・・。

でもきっと「残業やってもっと稼ぎたい」と思う方もいますよね?
「家の購入や将来の貯蓄の為、休みは増えなくて良いのでもっと稼ぎたい」なんていう人結構多いんじゃないんですかね?

私は「休みが多く社員に優しいゆとり会社」より「やりがいと将来性のある仕事が出来る会社」を目指したいのです。

個々の社員が「もっと腕を磨き、もっと頑張れば、もっと稼げる!」という意欲溢れる希望に満ちた「3K」会社を目指します!

2017年05月26日

未来の職人

中小零細企業において人材不足は、職種に限らず共通の悩みの様ですが、「技術職(建設・建築・加工)を志す若い人がいない」という話を聞くことが多くなりました。
我社もご多分に漏れづ、「金属加工職人」を志す若き人材を募集しておりますが、希望者(応募)の連絡は皆無の状態です。
核家族化・少子化の影響もあって、20代の人数も少ないのでしょうか?
その少ない人材は、大手企業や公務員を目指し、中小零細企業まで下りてこない?

最近、個人事業を含む小規模な金属加工業者の廃業が増えて来ている様で、その理由の多くは「後継者がいない」ということ。
職人(事業主)の高年齢化も拍車をかけており、数十年かけて築いた技術力が継承されないまま終わってしまいます。
つまり、「日本の技術力が減って行く」という事です。

技術を身に着けるには、それ相応の経験を積まなければなりません。(勿論、センスの有無は有りますが)
どれだけ経験を積んだかが、高い技術力を有する大きなファクターとなります。
どんなに知能指数が高く頭の良い人でも、ものを作る技術においては色々な経験を積んだ人にはかないません。(と私は思います)

なので、何事においても物事を究めるためには、従事するのは出来るだけ早い方が良いと思うのです。

新しい製品を発想する事は、才能ある人が一瞬にして考え出す事は出来ますが、その新しい物を形にする事は経験を積んだ技術者がいなければ実現出来ません。

日本が高度経済成長期に、豊かな生活の為に必要な製品や、便利な物を求める急速な消費者のニーズを満たす為、大企業は自社製造ではまかないきれない量の製品をと複数の小さな会社に分散製造させ、自社の設備投資等のリスクを少なくしようとした。
これが町工場の急増の大きな理由の一つだと思います。
そこで下請け会社(町工場)は、仕事を集める為に「他社より良い物を」「他社より高性能なものを」「仕事効率を上げて他社より低価格なものを」と、鎬を削り技術力を高めて行きました。
その結果、「技術大国の日本」と世界から称されるよう様になったのでしょう。

この世界から評価された「技術力」が無くなってしまう。

由々しき事態だと思いませんか?

若者よ! 大志を抱き、技術を身につけようではありませんか!

その為には出来るだけ早くにその職に従事する事をお勧めします。それだけ沢山の経験を積めますからね。

という訳で、我社は只今「未来の職人」絶賛募集中!

2017年02月18日
» 続きを読む